• TOP
  • > 医療関係者向け情報一覧 > 子宮内フローラ検査・細菌補足情報 > Facklamia
    Service

    医療関係者向け情報

    Facklamia

    区分 日和見菌
    生殖・周産期・性感染症の報告症例 絨毛膜羊膜炎
    属名 Facklamia
    性状 通性嫌気性菌 グラム陽性球菌
    コメント 尿路性敗血症の患者から分離されたとの報告があります。 その他心内膜炎、絨毛膜羊膜炎、壊死性壊疽などに関与しているとの報告があります。
    抗菌薬情報 不明
    文献情報 ・Facklamia languida sp. nov., isolated from human clinical specimens. ・Genome Sequence of a Facklamia hominis Isolate from a Patient with Urosepsis ・Facklamia Species as an Underrecognized Pathogen
    保有者率 0.9%
    レア度
    平均保有率 0.8%

    抗菌薬情報は抗菌薬インターネットブックの情報、または書籍に記載されている情報を記載しています。

    保有者率 : 全検体からその細菌が検出される割合です。例えば保有者率50%の場合、100検体中50検体でその細菌が検出されたことになります。
    レア度  : 保有者率を基に分類しており、保有者率10%以上を星3つ、1%以上を星2つ、1%未満を星1つと分類しています。星の数が少ない細菌は保有者率が低い細菌となります。
    平均保有率: 保有者から検出されたその細菌の平均値です。保有者率、平均保有者率は、弊社の検査データに基づいて算出しています。