• TOP
  • > 医療関係者向け情報一覧 > 子宮内フローラ検査・細菌補足情報 > Acinetobacter
    Service

    医療関係者向け情報

    Acinetobacter

    区分 日和見菌
    生殖・周産期・性感染症の報告症例
    属名 Acinetobacter
    性状 好気性菌
    グラム陰性桿菌
    コメント 水や土壌など、自然界に広く生息し、ヒト皮膚常在菌でもあります。
    日和見感染を起こす事があり、特に免疫力の低下した患者では、髄膜炎や菌血症および敗血症を起こした症例報告もあります。
    体外受精をしている女性の腟から検出されたとの報告もありますが、生殖器内での臨床的意義は不明です。
    抗菌薬情報 ▶「抗菌薬インターネットブック」に移動する
    文献情報 Identification of vaginal microbiome associated with IVF pregnancy.
    保有者率 3.2%
    レア度 ☆☆
    平均保有率 1.5%

    抗菌薬情報は抗菌薬インターネットブックの情報、または書籍に記載されている情報を記載しています。

    保有者率 : 全検体からその細菌が検出される割合です。例えば保有者率50%の場合、100検体中50検体でその細菌が検出されたことになります。
    レア度  : 保有者率を基に分類しており、保有者率10%以上を星3つ、1%以上を星2つ、1%未満を星1つと分類しています。星の数が少ない細菌は保有者率が低い細菌となります。
    平均保有率: 保有者から検出されたその細菌の平均値です。保有者率、平均保有者率は、弊社の検査データに基づいて算出しています。