• TOP
  • > 医療関係者向け情報一覧 > 子宮内フローラ検査・細菌補足情報 > Fusobacterium 
    Service

    医療関係者向け情報

    Fusobacterium 

    区分 病原性細菌
    生殖・周産期・性感染症の報告症例 周産期
    属名 Fusobacterium
    性状 偏性嫌気性菌
    グラム陰性桿菌
    コメント ヒトの口腔、腸管内に存在する常在菌で、歯周病の原因菌や早産の関連菌として知られています。
    肝膿瘍、創傷部、尿路感染症などで検出されています。
    F. nucleatumはワンサンアンギナ(塹壕口内炎、急性壊死性潰瘍性歯肉炎)、F. necrophorumはレミエール(Lemierre)症候群の主な原因菌となります。
    抗菌薬情報 ▶「抗菌薬インターネットブック」に移動する
    文献情報 Exploring the Role of Fusobacterium nucleatum in Preterm Birth: A Narrative Review
    保有者率 2.0%
    レア度 ☆☆
    平均保有率 1.1%

    抗菌薬情報は抗菌薬インターネットブックの情報、または書籍に記載されている情報を記載しています。

    保有者率 : 全検体からその細菌が検出される割合です。例えば保有者率50%の場合、100検体中50検体でその細菌が検出されたことになります。
    レア度  : 保有者率を基に分類しており、保有者率10%以上を星3つ、1%以上を星2つ、1%未満を星1つと分類しています。星の数が少ない細菌は保有者率が低い細菌となります。
    平均保有率: 保有者から検出されたその細菌の平均値です。保有者率、平均保有者率は、弊社の検査データに基づいて算出しています。