• TOP
  • > 医療関係者向け情報一覧 > 子宮内フローラ検査・細菌補足情報 > Parvimonas 
    Service

    医療関係者向け情報

    Parvimonas 

    区分 病原性細菌
    生殖・周産期・性感染症の報告症例 細菌性腟症 性感染症
    属名 Parvimonas
    性状 嫌気性菌
    グラム陽性球菌
    コメント ヒトの口腔、上気道、腸管等の粘膜に生息する常在菌の1種です。
    細菌性腟症(BV)に関連する細菌として報告されています。
    また慢性歯周病や歯性膿瘍、扁桃周囲膿瘍、慢性副鼻腔炎、慢性中耳炎、肺化膿症の原因菌として知られています。
    近年、HIV感染および子宮頸部異形成との関連が報告されております。
    抗菌薬情報 不明
    文献情報 ・日本性感染症学会誌 性感染症 診断・治療 ガイドライン 2016
    ・Evaluation of the association between the concentrations of key vaginal bacteria and the increased risk of HIV acquisition in African women from five cohorts: a nested case-control study.
    ・Linking cervicovaginal immune signatures, HPV and microbiota composition in cervical carcinogenesis in non-Hispanic and Hispanic women
    ・Associations between vaginal bacteria implicated in HIV acquisition risk and pro-inflammatory cytokines and chemokines
    保有者率 2.8%
    レア度 ☆☆
    平均保有率 1.7%

    抗菌薬情報は抗菌薬インターネットブックの情報、または書籍に記載されている情報を記載しています。

    保有者率 : 全検体からその細菌が検出される割合です。例えば保有者率50%の場合、100検体中50検体でその細菌が検出されたことになります。
    レア度  : 保有者率を基に分類しており、保有者率10%以上を星3つ、1%以上を星2つ、1%未満を星1つと分類しています。星の数が少ない細菌は保有者率が低い細菌となります。
    平均保有率: 保有者から検出されたその細菌の平均値です。保有者率、平均保有者率は、弊社の検査データに基づいて算出しています。