• TOP
  • > 医療関係者向け情報一覧 > 子宮内フローラ検査・細菌補足情報 > Peptoniphilus 
    Service

    医療関係者向け情報

    Peptoniphilus 

    区分 病原性細菌
    生殖・周産期・性感染症の報告症例 細菌性腟症
    属名 Peptoniphilus
    性状 偏性嫌気性菌
    グラム陽性球菌
    コメント ヒトの口腔、上気道、腸管等の粘膜の他、生殖器などに生息する常在菌の1種です。
    細菌性腟症(BV)に関連する細菌として報告されています。
    また卵巣膿瘍、腹腔内膿瘍、血液、眼科領域、皮膚軟部組織感染症などの臨床材料から分離された報告があります。
    抗菌薬情報 クリンダマイシン(CLDM)※2
    カルバペネム系薬(注1)※2
    メトロニダゾール(MNZ)※2
    ▶「抗菌薬インターネットブック」に移動する

    ※2一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会監修『JAMT技術教本シリーズ 臨床微生物検査技術教本』, 丸善出版株式会社, 2017年
    (注1)カルバペネム系薬:イミペネム(IPM)、メロペネム(MEPM)など ※2
    文献情報 一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会監修『JAMT技術教本シリーズ 臨床微生物検査技術教本』, 丸善出版株式会社, 2017年
    保有者率 14.2%
    レア度 ☆☆☆
    平均保有率 1.2%

    抗菌薬情報は抗菌薬インターネットブックの情報、または書籍に記載されている情報を記載しています。

    保有者率 : 全検体からその細菌が検出される割合です。例えば保有者率50%の場合、100検体中50検体でその細菌が検出されたことになります。
    レア度  : 保有者率を基に分類しており、保有者率10%以上を星3つ、1%以上を星2つ、1%未満を星1つと分類しています。星の数が少ない細菌は保有者率が低い細菌となります。
    平均保有率: 保有者から検出されたその細菌の平均値です。保有者率、平均保有者率は、弊社の検査データに基づいて算出しています。