• TOP
  • > to Consumer > Endometrial Microbiome Testing

    For Patients

    Endometrial Microbiome Testing

    Endometrial microbiome has an effect on pregnancy and livebirth rates.

    Recent studies has shown that endometrial microbiome is disturbed has an effect on pregnancy and livebirth rates.

    子宮内フローラの妊娠・出産への影響報告データ

    Are there bacteria in the uterus? Possible Effect on Pregnancy

    Until now, it was thought that the uterus, the bed of the fertilized egg, was sterile. However, it turns out that bacteria exist in the uterus as well as in the vagina. It is thought that if the condition of the uterus is disturbed, it may lead to implantation, failure to conceive, and even if a pregnancy occurs, miscarriage or premature birth.

    This Video is Japanese only.

    Why does a disturbed uterine environment affect pregnancy?

    It is said that the uterus should have more than 90% of Lactobacillus to conceive a baby. However, if there is not enough Lactobacillus in the uterus, the immune system does not to suppress the bacteria, which may prevent insemination and implantation. It is also said that it cloude cause of bacterial vaginosis and endometritis.

    1

    子宮内の環境改善

    ラクトバチルスは、腟や子宮内で糖を分解し乳酸を産生し、 生殖器内を酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑える働きをします。

    2

    免疫細胞が受精卵を攻撃する力を弱める

    悪玉菌が多く存在する生殖器内は炎症が起きている可能性があります。炎症が起きている と免疫細胞が活発になり、受精卵を異物として攻撃、排除するように働きます。 ラクトバチルスは悪玉菌の増殖を抑え、悪玉菌が起こす炎症を抑えることにより、免疫細胞 の攻撃を弱める働きをします。

    How do you test for high/low levels of Lactobacillus?

    The Endometrial Microbiome Testing, which examines the environment inside the uterus, will give you an idea of the percentage of bacteria.

    Varinosにより世界初の実用化に成功!
    • 検査は医療機関で、綿棒またはピペット(吸引方式採取器具)を用いて腟内擦過物または 子宮内腔液を採取し、その中に含まれる細菌の DNA を検査会社が専門の検査装置で分析してラクトバチルス属菌の割合を調べます。
    • この分析は自社にて研究開発を積み重ね、高い技術力と豊富な知識をもつ Varinos 専門チームだからこそ、精度の高い検査結果を医療機関に提供することができています。
    • 検体に含まれる細菌の DNA を検査するため、ラクトバチルス以外の細菌、常在菌や細菌性腟症の原因となる細菌の割合も 1 回の検査で分かることもあり、不妊治療クリニックなどの医療機関で治療に役立てられます。
    検査の流れ

    ・反復着床不全や反復流産をされている方
    ・様々な検査を行っても不妊の原因が見つからない方 などが検査を受けられる傾向にあります。

    また昨今は、その重要性から、不妊治療の初期に受ける検査として採用いただくクリニックも増えてきています。
    子宮は妊娠、出産するにあたり、とても大切な役割を果たします。
    そのため、

    ・これから妊娠を望むすべての方
    ・ご自身の現在の子宮内環境(子宮内フローラ)を把握したい方 にも受けていただける検査です。

    一例) 下記のような方々が医療機関で検査を受けられています。

    • これから妊娠を望むすべての方
    • 子宮内フローラのバランスを知りたい
    • 不妊治療を受けていても妊娠しない方
    • 良好胚を移植しても妊娠しない方
    • 流産や早産経験がある、または繰り返している方

    ご自身の子宮内環境(子宮内フローラ)が気になる方は、かかりつけ医あるいは下記の子宮内フローラ検査実施施設にご相談ください。

    For those who wish to have an Endometrial Microbiome Testing

    You need to see a medical professional. Please consult your family doctor.

    What would I do if I have low levels of Lactobacillus
    (good bacteria)?
    It is recommended that you see a medical professional.

    [1] Nunn KL (2016) Unraveling the Dynamics of the Human Vaginal Microbiome.
    [2] Ma B (2012) The vaginal microbiome: rethinking health and diseases.
    [3] Japanese Society of Sexually Transmitted Diseases (2008) Guidelines for Bacterial Vaginosis
    [4] Leitich H (2003) Bacterial vaginosis as a risk factor for preterm delivery: a meta-analysis.
    [5] Tachedjian G (2017) The role of lactic acid production by probiotic Lactobacillus species in vaginal health.
    [6] Franasiak JM (2016) Endometrial microbiome at the time of embryo transfer: next-generation sequencing of the 16S ribosomal subunit.
    [7] Moreno I (2016) Evidence that the endometrial microbiota has an effect on implantation success or failure.