• TOP
  • > Contents > 一般の方向け > 第3期 Varinos College 開催日時と内容

    Contents

    2022/10/05

    第3期 Varinos College 開催日時と内容

    Varinos主催で全5回にわたり、妊活や不妊治療に取り組む皆様に「不妊の原因を調べる検査」や「不妊治療の最新情報」についてお話させていただく『Varinos College(バリノス カレッジ)』。

    ♢お申込みはこちら
    締切:2023年1月31日(火)
    ♢Varinos College概要についてはこちら

    第3期 Varinos College日程、特典、内容について

    ご好評いただいております、Varinos College 第3期の日程が決定いたしました。
    参加費無料、オンライン開催ですので、気軽にご参加いただければ幸いです。
    下記詳細をご覧いただき、お申込みください。
    *お申込みは先着順とさせていただきます。何卒ご了承ください。

    開催日程】全5回
    *ご都合の合う回だけの参加もokです。

    第1回目:2023年 3月10日(金)
    第2回目:2023年 4月11日(火)
    第3回目:2023年 5月10日(水)
    第4回目:2023年 6月8日(木)
    第5回目:2023年 7月7日(金)
    ※全日12:00~12:45開催 前半30分:Varinosからの情報提供、後半:15分質疑応答

    参加特典
    全5回中、3回以上ご参加いただいた方に、
    子宮内フローラのためのラクトフェリン お一人様1本限定、定価8,100円(税込)→1,100円(税込)の特別価格にてご提供!
    ご参加確認後、弊社よりVarinos公式 online shopにてご利用いただけます、クーポンを発行いたします。

    【開催内容】
    第1回:不妊治療の現場で広がる子宮内フローラ検査
    ・なぜ近年になって子宮に菌がいるとわかったのか?
    ・不妊治療にあたる医師たちが子宮内の菌に注目する理由
    ・子宮内フローラ検査は世界で数社しか実施できない超高度な検査
    ・腟内検体採取式子宮内フローラ CHECK KIT の使用方法

    第2回:なぜ子宮内フローラが妊娠率に影響するのか
    ・妊娠率 2.1 倍、生児獲得率 8.7 倍。この差は何の違い?
    ・子宮内に悪玉菌がいると受精卵が攻撃される?
    ・妊娠、出産にとって良い菌、悪い菌とは
    ・女性にとって大切な子宮内フローラ
    〜子宮内膜症や慢性子宮内膜炎、子宮頸がんとの関係も〜

    第3回:子宮内フローラは改善できる?
    ・子宮内の菌環境は変化する?
    ・ラクトフェリンがなぜ良いと言われるのか?メカニズムを解説
    ・菌環境によって改善のためのアクションは異なる
    ・子宮内フローラは着床だけではなく、赤ちゃんを守る役割も
    ・CHECK KIT の結果報告書の見方

    第4回:着床前診断(PGT-A)とは?
    ・着床の確率が上がる?着床前診断 (PGT-A) とは何を調べる検査?
    ・誰でも受けられる検査ではない理由
    ・なぜ、保険適用されなかったのか?

    第5回:不妊治療の最新情報
    ・その時お伝えできる最新の不妊治療に関する情報をわかりやすく解説

    *各回、前半30分間が専門家からの情報提供、後半15分間が質疑応答タイムとなっております。皆様お気軽にご質問ください。

    *尚、ご質問には弊社専門家が回答させていただきます。治療方針に関してなどは医師のみ回答可能なため、 ご質問の内容によってはお答え出来かねますことをご了承ください。

    *本イベントは妊娠を希望されている方に向けた情報提供の場です。同業他社の方のリサーチ目的での参加は、 他の参加者様のご迷惑となりますので、ご遠慮いただいております。

    お問い合わせは、Varions College運営事務局 college@varinos.comまでメールにてお願いいたします。

    お申込みはこちら
    締切:2023年1月31日(火)