• TOP
  • > Contents > 菌や検査を深く知る > フェムテックでも注目を集める「腟内検体採取式 子宮内フローラCHECK KIT」

    Contents

    フェムテックでも注目を集める「腟内検体採取式 子宮内フローラCHECK KIT」

    子宮内の菌環境を調べる「子宮内フローラ検査」など、ゲノムテクノロジーを応用した検査の開発・提供をしているVarinos(バリノス)です。

    Varinosといえば、「子宮内フローラ検査の会社」「ラクトフェリンの会社」といったイメージを持ってくださっている方も多い(といいな!)と思いますが、一般の方向けに提供するサービスとしては、もう一つあります。

    それが、自宅で簡易的に子宮内の菌環境を調べることができる「腟内検体採取式子宮内フローラCHECK KIT」(株式会社ファミワンとの共同事業)です。

    今回は、このキットについてご紹介したいと思います。

    開発背景

    2021年3月から「腟内検体採取式子宮内フローラCHECK KIT」の提供を開始しました。その背景には、『医療機関を受診するきっかけとなってほしい』という想いがありました。

    2022年4月に体外受精等にも保険が適用されるようになり、今(2023年4月末時点)は金銭的には以前と比べ、不妊治療クリニックを受診しやすい環境になってきたと思います。
    それでもまだ不妊治療クリニックに行こうか迷われる方も少なくないと思います。

    しかし、不妊治療は年齢的な要素も結果に大きく影響するため「時間との闘い」です。

    そのため、自己流で妊活を長く続けるよりも、医療機関を受診し、不妊の原因を調べ、必要に応じ治療をおこなう、また個々人に合う不妊治療を早期に進めることが大切でもあります。

    別の記事でもお伝えしているように、検査の結果、子宮内の菌環境(子宮内フローラ)が悪かったとしても、医師の判断のもと検査結果に応じた適切な治療を行うことで改善することができます。

    ▼子宮内の菌環境により治療法も異なる
    検査で自分の子宮の状態を知る意味

    そこで、少しでも不妊かもしれないと思われているようであれば、まずは「腟内検体採取式子宮内フローラCHECK KIT」を使い、自宅で簡易的に子宮内フローラを調べていただき、もし結果が良くなければ子宮内の菌環境が原因で妊娠できなかった可能性があるとわかるので、医療機関を受診するきっかけになりますし、結果が良かった場合は、不妊の原因は他にあるということになるので、別の検査をするために医療機関を受診するきっかけになる、なってほしい、と開発しました。

    どのようなことがわかるか

    腟と子宮の菌環境は相関があることがわかっています。腟から採取いただいた検体から子宮内の菌環境を予測し、どのような菌がどのくらいの割合存在するかがわかります。
    また、ラクトバチルスの豊富さに基づき、どのヴァギナタイプ(3種類)に当てはまるかをお伝えしています。

    ▼それぞれの菌についての紹介
    子宮にとって良い菌・悪い菌

    医療機関に提供している「子宮内フローラ検査」との違い

    「腟内検体採取式 子宮内フローラCHECK KIT」は、医療機関に提供している「子宮内フローラ検査」と同様の技術を用いて、検査しています。

    ただし、以下のような違いがあります。

    ①腟の検体から子宮内の菌環境を予測

    子宮内フローラ検査は、基本的に医師が子宮内から検体を採取するため、子宮内の菌環境がわかるのに対し、キットはご購入された方が腟から採取した検体を調べるので、腟の菌環境から子宮内の菌環境を予測するものです。

    ②代表的な菌の割合を調べる

    医療機関で行う「子宮内フローラ検査」は、善玉菌・ラクトバチルスはもちろん、患者様の子宮内に存在する菌を網羅的に調べて報告します。一方、キットは、善玉菌・ラクトバチルスのほか、ビフィズス菌や代表的な細菌性腟症リスク細菌・性感染症リスク細菌がどのくらいの割合でいるかをレポートしています。

    ③確定診断ではない

    キットは、確定診断ではありません。医療機関で行う「子宮内フローラ検査」は、検査結果に基づき、医師が必要に応じ治療を行いますが、キットの結果をもとに医師に治療をしてもらうことはできません。

    使用方法

    「腟内検体採取式 子宮内フローラCHECK KIT」をご購入いただくと、以下のものがセットでご自宅に届きます。

    【検体採取前】

    1.石鹸で手を洗う
    2.チャック付きの袋から保存容器を取り出し、ふたを軽く開けて保存容器立てに差す
    3.スワブ(長い綿棒のようなもの)を取り出す
    ※最終的に容器に入れる部分には手を触れないよう注意!

    【検体採取時】

    5.スワブを腟口から3~5cmほど、まっすぐ挿入
    6.スワブを腟壁に沿って円を描くように20秒ほど動かす

    7.スワブの先端が他に触れないようにしながら、保存容器に入れる。スワブのブレークポイント(筋がついているところ)を容器に押し当ててポキっと折る
    8.スワブの先端が保存容器に浸かっていることを確認し、キャップをしっかりと締める

    【発送準備】

    9.検体ラベルに必要事項を記載し保存容器に貼り付け、保存容器が入っていたチャック付きの袋にいれて、閉じる
    10.「9」を白い返送用ボックスに入れる
    11.検体発送チェックリストとアンケートに必要事項を記載
    12.「10」と「11」を返送用封筒に入れ、しっかり封をしてポストに投函

    《ご注意点》
    ・お手元にキットが届いてから1か月以内に送付してください。
    ・月経中及び月経後3日間はご使用を避けてください。
    ・お客様による何らかの理由で検体が採取できなかった場合、再度2200円(税込み)をお支払いいただければ、新しいキットをお送りいたします。なお、スワブは初回セットに予備が一本入っていますので、必要に応じご利用ください。

    Varinosのお台場ラボラトリーに検体が到着してから約4週間で、結果がお手元に届きます。※

    ※購入時に登録されたメールアドレス宛にPDF形式の結果が届きます。なお、結果はファミワンよりご連絡がいきます。

    どのような方にご利用いただいているか

    ・妊活に取り組まれている方
    ・通われている不妊治療クリニック等で子宮内フローラ検査が実施できない方
    ・お近くに子宮内フローラ検査ができる医療機関がない方
    など

    子宮内フローラ検査が導入されている不妊治療クリニックや医療機関に通われている方は、キットではなく、医師に相談の上、「子宮内フローラ検査」を受けられた方が、治療が必要な結果だった場合、その後の対応がスムーズかと思います。

    購入方法

    株式会社ファミワンのサイトよりご購入いただけます。ご注文から1週間程度でご指定の場所にお届けします。
    https://flora.famione.com/